Fresh Fitness

働く20代のための筋トレ・ダイエット・ヘルスケア情報を発信

MENU

【働く20代へ】筋トレが「最高の人生を送る起爆剤」となる20の理由

f:id:Tkentaro:20200203145357j:plain

今回の記事では、働く20代に向けて

『筋トレが最高の人生を送る起爆剤となる理由』を解説しています。

たくさん理由がある中でも経験に基づいた20個を厳選しています。

 

★20代で新しい挑戦を始めたい方

20代から最高の人生を送りたい方

★20代でやりたいことが見つからない方

 

この記事をぜひ最後まで読んでみてください。

筋トレが『最高の人生を送る起爆剤となる』ことを確信できると思います。

 

※この記事ではカテゴリーを3つ+αにわけて紹介していきます。

気になるところから読んでいただいて大丈夫です。

①心:マインド面 ②体:フィジカル面 ③技:スキル面 +番外編(恋愛)

 

①心:マインド面

1.自分に自信がつく

f:id:Tkentaro:20200203143003j:plain

筋トレを始めることで、自分に自信がつくようになります。

なぜなら、「自分は変われた」という成功体験を積むことができるからです。

●体重やウエスト周囲が以前よりも減った! 

●前よりも重い重量があがるようになった! 等

 

また、筋トレの成果は短時間でも顕著に身体に現れます。

初コンテスト出場時ですが3か月でここまで変わることができました。

f:id:Tkentaro:20200202225645j:plain

この成功体験から自分に自信がもてるようになりました。

容姿の変化は心にも表れます。

続く挑戦にも臆することがなくなります。

このように、筋トレで自信の好循環を回していくことができます。

f:id:Tkentaro:20200202223937p:plain

 

2.他人と比較しなくなる

f:id:Tkentaro:20200203142958j:plain

筋トレを始めることで、他人と比較することがほぼなくなります。

なぜなら、自分の身体の成長に夢中になることができるからです。

 

他人はこちらの都合でコントロールすることはできません。

しかし、自分は自分でコントロールすることが可能です。

この黄金法則を筋トレから身をもって学ぶことができます。

結果として、自分にどんどん投資できるようになります。

また、他人に何を言われても、ちょっとやそっとの事では動じなくなります。

他人を気にしない生活は、自分の人生をより充実したものに変えてくれます。

 

3.向上心が養われる

f:id:Tkentaro:20200203142954j:plain

筋トレ継続することで、向上心が養われます。

なぜなら、筋トレに終わりはなく生涯をかけて続けられるからです。

 

筋トレが習慣化されると、身体は必ず変わります。

身体が変わると同時に理想の身体像も変化していきます。

 

実際に、初めは細マッチョくらいでいいと思っていた人でも、筋トレをしていくうちにフィジーカー*1になりたいと変わることもあります。

僕も初めは、平均よりもちょっとマッチョくらいでいいと思っていました。

しかし、今では大きな夢まで抱くように変わりました。

「NABBA JAPAN*2のプロ選手として活躍する」

 

自身の体験を通じても、筋トレのおかげで向上心が養われたと思えます。

これだけ打ち込めることに出会えたことは人生の財産になると感じています。

 

4.自分を好きになれる

f:id:Tkentaro:20200203142950j:plain

筋トレを始めることで、今よりも自分を好きになれます。

なぜなら、鏡を見ればそこにはたくまししい身体の自分がいるからです。

 

愛着を持って育てたペットのことは皆さん好きですよね?愛着がわきますよね?

同様に筋トレは、筋肉を育てることと同義なので筋肉に愛着がわくのが当然です。

筋肉は生半可な努力では大きくなりませんし、理想にも近づけません。

そんな筋肉が大きく理想に近付けたなら、好きにならないはずがありません。

自分の頑張りを自分で褒めたたえ、どんどん自分の身体が好きになっていきます。

 

世間ではマッチョ=ナルシストというイメージがあると思いますがその通りです。

人生で最も長い付き合いになるのは家族でも友達でもなく自分自身です。

筋トレを通して自分をもっともっと好きになってもいいのではないでしょうか?

 

5.ポジティブになる 6.ストレス耐性が身につく

f:id:Tkentaro:20200203142946j:plain

筋トレを始めると、ポジティブな感情を抱きやすくなります。

また、ストレスへ耐性も身につくので打たれ強くなります。

なぜなら、筋トレによってホルモン分泌が盛んになるためです。

 

分泌されるホルモンは数種類あります。(一部を紹介)

①テストステロン 男性的な身体をつくり、意欲向上に働くホルモン。

②セロトニン 精神の安定・気分高揚に働くホルモン。

③ドーパミン モチベーションアップや気分爽快に働くホルモン。

 

以上のホルモン分泌が盛んになり、健康的な生活を送る一助となります。

メンタルケアの術を手に入れることは、人生100年時代に必須のスキルと言えます。

 

②体:フィジカル面

7.第一印象が良くなる

f:id:Tkentaro:20200203142942j:plain

筋トレで筋肉がつくと、第一印象が圧倒的に良くなります。

なぜなら、清潔感が増し、相手に頼れる印象を与えられるからです。

 

筋トレを継続できる人のイメージはいくつかあると思いますが、

「きちんと自制できる人」というイメージが第一印象を爆上げしてくれます。

人はぱっと見の第一印象で、相手の人となりをイメージします。

身体を引き締め、体重も適切にコントロールすることで「自己管理を徹底し、自制できる人」というイメージを強く相手に残すことができます。

 

また、引き締まった身体はどんな服装にも絶妙にマッチします。

服装にかかわらず、筋肉がファッションとなり清潔感が爆上がりします。

 

8.若々しくエネルギッシュでいられる

f:id:Tkentaro:20200203142936j:plain

年齢を重ねても、若々しくエネルギッシュでいられます。

なぜなら、新陳代謝が上がり、疲れにくい身体が手に入るからです。

 

筋トレをすると疲れがたまると思っている方も多いのではないでしょうか?

実は、筋トレが慢性的な疲労軽減につながり、疲労知らずの身体作りに役立ちます。

その理由としては、以下の2つの理由が挙げられます。

 

①血流が良くなり、身体のこわばりを和らげてくれる。

慢性的に疲労を受けた身体は固くなってしまい、血流が悪くなっています。

筋トレをすることで筋肉が刺激を受け、体内の血流の循環が高まります。

すると、体内にたまっていた疲労物質もどんどん外に排出されるようになります。

 

②睡眠の質が上がり、睡眠中の疲労回復効果が高まる。

睡眠をとってもなかなか疲れがぬけないということはありませんか?

実際の研究で、筋トレによる睡眠の質が上がることが多数報告されています。

●睡眠の量は増やさないが、質は高める。

●睡眠の質はトレーニング量に依存する。

●トレーニングによる心拍数の増加が睡眠時の心拍数に影響を与える。

●トレーニングによる不安解消

【参考文献】

Kovacevic A, et al. The effect of resistance exercise on sleep: A systematic review of randomized controlled trials. Sleep Med Rev. 2017 Jul 19. pii: S1087-0792(16)30152-6.

Sandercock GR, et al. Effects of exercise on heart rate variability: inferences from meta-analysis. Med Sci Sports Exerc. 2005 Mar;37(3):433-9.

Brosse AL, et al. Exercise and the treatment of clinical depression in adults: recent findings and future directions. Sports Med. 2002;32(12):741-60.

私たちの寿命は年々伸びてきています。

筋トレで疲労知らずの身体を作り、エネルギッシュな毎日を送ってみませんか?

 

9.自然と健康的な習慣が身につく

f:id:Tkentaro:20200203142932j:plain

筋トレが習慣になると、意識しないでも健康的な生活習慣が身につきます。

なぜなら理想に近付くために睡眠や食事にも意識が向くようになるからです。

 

筋肉の発達には睡眠や食事などすべての生活習慣が重要になってきます。

現在習慣になっていることをあげてみましたが、圧倒的に『健康』です。

 

【睡眠】睡眠は7~8時間。筋肉発達のゴールデンタイムの睡眠は死守。

【食事】高タンパク低脂質食。お腹いっぱい食べない。食事数を増やす。

 

健康的な生活習慣を送るきっかけを筋トレでつかめるかもしれません。

若いうちから健康的な生活習慣を身につけておいて損はありません。

自分が40代50代になった時、どんな健康状態でいたいか考え、先行投資しましょう。

 

10.将来の病気リスクに備えられる

f:id:Tkentaro:20200203142928j:plain

筋トレのような運動習慣をつけることで、病気リスクに備えられます

週2回以上筋トレしている人は癌などによる死亡リスクが低かった報告があります。

現在、日本人の死因ワースト1は悪性新生物(癌)です。(厚生労働省HP

個人的には週2回の筋トレで死亡リスク低くなるという研究論文が存在する以上、若いうちから筋トレを習慣化しておいて損はないと思います。

年齢が上がるとさらに筋トレのハードルが上がってしまいます。

参考文献においては、ジムの筋トレ(マシン等)とそうでない筋トレ(自重トレーニング等)どちらも同等の効果が見込めると報告があります。

将来への自己投資と考えて、1日10分の自重トレーニングでも構いません。

将来の自分に筋トレという自己投資を始めてみませんか?

【参考文献】

Does Strength-Promoting Exercise Confer Unique Health Benefits? A Pooled Analysis of Data on 11 Population Cohorts With All-Cause, Cancer, and Cardiovascular Mortality Endpoints 

Is strength training associated with mortality benefits? A 15year cohort study of US older adults.

 

③技:スキル面

11.即断即決ができるようになる

f:id:Tkentaro:20200203142924j:plain

筋トレを始めると、決断力が鍛えられ、決断スピードが早まります

なぜなら、筋トレ時間創出のために別の習慣を止める決断を毎日するからです。

 

『何かを選ぶことは、何かを捨てること。』

 

すなわちトレードオフの関係が成り立ちます。

新しく筋トレに挑戦するには、これまでの習慣を何か捨てる必要があります。

筋トレが習慣化されていくとその何かを捨てる決断をせざるを得ません。

結果として、その決断の連続が自身の「決断力」を養うことに繋がります。

 

実際に、筋トレ時間を創出するためにトレードオフした習慣は10個あります。

少しずつ捨てる決断をしていくうちに、どんどん決断のスピードも速まりました。

自分の人生を豊かにするより良い習慣を20代のうちから残していきませんか?

f:id:Tkentaro:20200202225539p:plain

 

12.目標達成志向が高まる

f:id:Tkentaro:20200203142920j:plain

自然と目標達成志向が鍛えられ、目標に向けた行動力が高まります。

なぜなら、目標に向けての行動がシンプルで可視化しやすいからです。

 

目標達成志向とは『特定の行動が目標に近付くために役立つかを本能的に評価し、役に立たない行動を無視する』志向のことです。

 

例を出すと、僕の筋トレにおける目標は『脂肪燃焼、筋肉増量』です。

この場合、目標達成に役立つ行動と役立たない行動は以下の通りです。

 

役立つ⇒摂取カロリー<消費カロリー・高タンパク低脂質食・筋トレを継続する

役立たない⇒摂取カロリー>消費カロリー・低タンパク高脂質食・筋トレを継続しない

 

目標達成に役立つ行動・役立たない行動を簡潔に認識できます。

したがって、邪念を払い一直線に突き進むことができるようになります。

 

13.ここぞという時の集中力が身につく

f:id:Tkentaro:20200203142916j:plain

ここ一番の集中力が養われ、ピンチをチャンスに変えられます。

なぜなら、筋トレは1つ1つの動作に常に高い集中力が必要だからです。

 

筋トレはその1回・1セットが常に自分自身との戦いです。

集中力がない状態では、重量のあるバーベルを持ち上げることはできません。

高い集中力が必要とされる動作を繰り返すため集中力が身に付きます。

 

14.継続力が鍛えられる

f:id:Tkentaro:20200203142911j:plain

筋トレをすることで、コツコツ積み重ねる継続力が鍛えられます

なぜなら、地道に継続した努力の結果が身体に顕著に表れてくれるからです。

 

筋トレ単発(1日だけ)でしても、その日に身体が変わるわけではありません。

継続していくと、1か月▶3か月▶1年.....どんどん身体が変わっていきます。

この変化が、積み重ね続けることの重要さに気付かせてくれます

 

僕も筋トレ初期(高校2年生時)は身長178cm50kg代のガリガリでした。

それが今(26歳)となっては体重70㎏の細マッチョに成長することができました。

普段なかなか気付けない変化でも、年数がたつと本当に継続してよかったと思えます。

筋トレをすることで三日坊主も直り、叶えたい夢に向かって突き進むことができます

 

15.計画・企画の質が向上する

f:id:Tkentaro:20200203142906j:plain

筋トレによって、計画・企画の質が向上します。

なぜなら、筋トレによってPDCAサイクルを早く回すようになるためです。

 

PDCAサイクルとは、P:計画▶D:実行▶C:評価▶A:改善のサイクルを指します。

日常に新たな習慣を加える時、既存の時間の使い方を見直す必要があります。

そのため、時間創出のために計画が大切になってきます。

また、ただやみくもに筋トレをしても理想の身体に近付くことはできません。

計画したことを実行し、評価、改善を加えていかねばなりません。

 

このように試行錯誤を繰り返しているうちに、次第に計画がブラッシュアップされていきます。

計画の段階から最善の筋トレや食事を選ぶことができるようになり、身体の変化も加速します。

 

16.身近な人の役に立てる(ダイエット)

f:id:Tkentaro:20200203142901j:plain

筋トレ継続していると、身近な人の役に立てるようになります

なぜなら、栄養知識やダイエット知識が一般の人より身につくためです。

 

もし、あなたが5㎏のダイエットに成功したのであれば、それは5㎏痩せたいと考えている人の参考になるはずです。

このように自分の経験がそのまま身近な人にとって有益な情報に変わります。

また、ネットの情報よりも身近なあなたから得られる情報の方が信頼性があがります。

 

身近な人(家族や友人)に感謝される経験は、心が本当に満たされます。

自分のためにやっていることでも人のためになればもっと頑張れますよね。

自分だけでなく、周囲の人にも豊かさをシェアできる筋トレは素敵ですね!

 

番外編:恋愛(男性目線)

パートナーとの関係も人生においては重要です。

完全な主観が入りますが、番外編として24歳で結婚を果たした筋肉サラリーマンが考える恋愛においても筋トレがおすすめな理由を紹介します。

17.女性の気持ち(1部分)がわかるようになる

f:id:Tkentaro:20200203142857j:plain

一部の側面になりますが、女性の気持ちに寄り添えるようになります。

性の筋トレで叶えたい願望と女性の「美」への願望が同質のものだからです。

 

筋トレする男性は「もっと大きく、かっこよくなりたい」と思いますよね。

この感情は女性の「綺麗になりたい、痩せたい」という感情に近い物があります。

 

僕も筋トレを始めるまでは、女性がなぜ美容に執着するのか?

全く理解できませんでした。

女性に「化粧品」が必要なようにマッチョにも「プロテイン」が必要です。

このように、筋トレのおかげで圧倒的に女性への共感力が高まりました

また、女性が喜ぶヘルシーなお店の情報にも敏感になり、共有もしやすくなります

 

18.女性の容姿の変化に敏感になれる

f:id:Tkentaro:20200203142852j:plain

女性の髪や化粧など、小さな容姿の変化にも敏感になることができます

なぜなら、筋トレ後の鏡チェックが日課になることで変化に敏感になるからです。

 

筋トレを始めると良くも悪くも姿鏡など鏡を見る回数がかなり増えます。

(ちなみに僕は筋トレ中、鏡に映る自分ばかり見てしまいます...笑)

すると、自分の身体の小さな変化に敏感に反応できるようになります

人に対しても髪型など容姿の変化に敏感になれるようになります。

 

小さな変化に気付くことで、「普段からあなたをちゃんと見ている」ということを相手にしっかりと伝わえることができます。

※全く信頼関係のない相手にすると、ストーカーのように聞こえるので注意!

  

19.印象に残りやすい・覚えてもらいやすい

f:id:Tkentaro:20200203142847j:plain

筋トレで鍛えた体は、インパクトが強く覚えてもらいやすくなります

なぜなら、まだまだマッチョはマイノリティで人口が少ないからです。

 

鍛え抜かれた身体を持つだけで「筋肉の人」と覚えてもらえます。

初対面で名前をすぐ憶えてもらえることって難しいですよね。

 

ただし恋愛において名前を憶えてもらうことは必須ではありません

印象さえ強く残すことができたら、次のステップに進める確率が跳ね上がります。

 

20.女性が友達に紹介・自慢しやすい

f:id:Tkentaro:20200203142842j:plain

筋肉マンが彼氏だと、彼女は友達に紹介(自慢)しやすくなります。

恋人ができたというと同性の友人から「どんな人?」と聞かれる経験ありますよね?

そのときに特徴がないと「微妙な反応」で終わってしまうこともしばしば。

 

そんな時、一言「マッチョだよ」と言葉を添えて、写真を見せればどんな人か一目同然になります。

女性側は紹介しやすいですし、顔に関係なく「すげえ」となること間違いなしです。

また、清潔感のあるマッチョならばだいたいの女性が受け入れてくれる(はず)。

彼女の友達からの信頼も得て、味方につけちゃいましょう!!

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回の記事では、20代のビジネスマンに向けて

『筋トレが最高の人生を送る起爆剤となる理由』を解説しました。

 一人でも多くの方が筋トレによって人生が豊かになることを心から願っています。

 

今回は僕が25歳ということもあり、20代の方に向けた記事を書きました。

しかし、たとえあなたが20代でなくても筋トレを始めるのに遅いも早いもありません。

「やろう!」と決めたたった今からはじめれば身体も人生も変えられます。

自分も、まだまだ筋トレにおいて目標は高いところにあります。

一緒に最初の一歩を踏み出していきましょう!!

 

TwitterInstagramもやっています。

フォローやイイねなどいただけたらめちゃくちゃ嬉しいです。

*1:ボディビルの少し細いバージョン

*2:韓国発祥の筋肉コンテスト